うま~?な日々
日々の雑多なことを中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006北海道ツーリング3日目
上士幌~羅臼
朝起きると、晴れとは行かないまでも、曇りの天気。
今日は移動日の予定。撤収準備をしていると、管理人らしきおじさんが。昨日は遅くに到着して、サイト料を払っていなかったので\500を払う。
上士幌航空公園 上士幌航空公園■キャンプ上の様子

バイクに荷物を積んでいると、上空からシュゴーって音が聞こえる。何かと思って見上げてみると、さすが航空公園だね。1基だけだけど。ズームで寄ってみる。

さて、基本的に移動だけのつもりなのだが、出発準備が出来たのは7:00頃。ちょうどナイタイ高原が開く時間だなあ。あんまり天気は良くはないけど寄ってみるか、ってな感じで出発。

ナイタイ高原はキャンプ場からはすぐ近く(といっても十数キロはある)。どうやら一番乗りですね。レストハウスについても誰もいない。

ナイタイ高原 ナイタイ高原■ナイタイ高原。天気はかなりいまいち。

しかし、こういう案内標識?は意味があるんだろうか(笑)

ナイタイ高原をあとにして、R273で三国峠方面へ。一応、駄目もとでタウシュベツ橋梁を見に行く。糠平三股林道はタウシュベツ付近まではダート4キロくらいだけどオン車でもなんとか。バイクを置いて、一応熊よけの鈴を鳴らしながら橋梁の方へ。

タウシュベツ■タウシュベツ橋梁なんだけど・・・。

かろうじてそこに何かが存在しているのが確認できるレベル(笑) 昨日の雨のせいかと思ったけど、8月にはもう水没していたそうなので、もっと早い時期に来ないと駄目だなあ。
失意のせいか、なんとなく、帰りの4キロのダートは心持ちスピードが上がった気がする。

R273に戻って、三国峠越え。思えば、去年もここを通ったけど、早朝の気温一桁台、雨というダブル修行体験でろくな思い出はない。何にも見えなかったし。

三国峠■三国PAから。今回はまあまあ。

PAでは、みんな寒い寒いと騒いでいたが、自分はそうでもなかった。耐寒性能でも上がっているのか?気温は14℃くらいだったけど、これも氷点下キャンプの修行の賜と思うことにしようw

あとは、ほんとに移動だけになったので、写真はなし。
例によって、ルートだけ書き示しておく。

三国峠を越えて大雪湖からR39で北見へ。三国峠越えた辺りからは待望の晴れ間が。
北見のトリトンで寿司を食す。地元の回転寿司とは較べるまでもなく、ネタもいいし、値段も安い。地元で人気があるのも分かるね。平日の昼前だというのに結構人が入っていた。大体\1500位食べたところでお腹いっぱい。

北見からそのままR39で美幌まで行き、R334で斜里へ。
南斜里からそのまままっすぐ進んで道道1000、道道827でR244にぶつかる。この辺の道道も斜里岳を眺めながら走れるのでなかなか良い感じ。

R244で標津まで行って、海沿いのR335で羅臼へ。
R244ってTMではお薦めにもなっていないけど、関東だったら十分お薦めになりそうな道だけどねえ。

今日のキャンプ地は、国設羅臼温泉野営場。途中、羅臼の町で買い出しをして、キャンプ場着は15:30位。清掃協力金ということで\300です。ここには2泊する予定。

テントサイトで普通に鹿が草食べてます。全く人を怖がる気配なし。テント設営が終わって、熊ノ湯へ。
熊ノ湯は、まあ、確かに熱いが、入れないって騒ぐ程じゃないと思った。
湯温的には44℃位な感覚ですね。

適当に食事を作って、酒飲んでってこんなのは毎日のことだから、あんまり書くことでもないかな。
雲もなく、かなりレベルの高い星空も堪能でき、明日は早いので早々に就寝。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。