うま~?な日々
日々の雑多なことを中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンディGPS購入検討その4
すみません、あと1回だけ続きます。
マップソースについて補足。

日本語版マップソースには、責任問題が絡むせいか登山道は表示されていない。これに関しては、日本語・英語版に差異はない。地図作製を自分で行うか、または、アップアップダウン製作所から出ている、日本詳細1:25000道路地図+トポ(20m等高線付き)と言うのもある。

他に何か方法有るのかな?

日本語版か英語版かの続き
日本語版マップソースを使いたくなっても英語版だと使えないし、「自作地図も使える」「自作地図しか使えない」のでは違うと思うのだ。選択肢は多いに越したことはない。
あとは地図作るの面倒くさいし、ローマ字は見づらいし。

ということで、自分としては日本語版を選びたい。

日本語版を前提として値段の比較
Legend CxJ \76K
Vista CxJ \95K
GPSMAP 60CSxJ \126K

60CSxJ と Vistaを比べたときに\31Kの差が有るが、60CSxJ にはシティナビゲータ(約\20K)と512MBのmicroSDカードが付いている。
512MBのmicroSDカードはいいよねっとで\6300の値段が付いているけど、大体実売で \2.5K~\5.5K位。まあ、真ん中を取って\4Kとする。

と、考えると、Vista と 60CSxJ の差額は実質 \7Kですな。
(この論理で考えると、Legendとの差額は \26K)
シティナビゲータがいらないならこの限りではないですが。

自分の場合は、多分、付いていないモデルを買ってもシティナビゲータは欲しいかな。

もう一つ物欲を刺激する仕様として、60CSx のGPS受信部に採用されているSiRF StarIIIというチップセット。いろいろレビューを見ていても、感度が良いと言う感想が多い感じですね。
(ただ、感度については、人によっていろいろ印象は違うみたいです。)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。