うま~?な日々
日々の雑多なことを中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005北海道ツーリング3日目
クッチャロ湖~士別~網走
P1010477.jpg P1010479.jpg
朝起きると雨はあがっています。雨が降るとフライとかグランドが乾かせないので嫌なのだが、この際撤収時に雨が降っていなければ良しとしなければ。
しかし、荷物が多すぎるせいか、撤収に時間がかかるなあ。今後の課題だ。

結局、AM07:00位にクッチャロ湖畔キャンプ場を出発。今日は内陸部を南下して再びオホーツク方面にでる予定。

とりあえずR275で中頓別、音威子府を経由して南下します。音威子府-美深のR40、R275併設区間を経て美深から、朱鞠内湖を目指します。

天気の方は、雲はあるけど概ね晴れ状態です。交通量も皆無に近いし、快走、快走。
上陸初日から雨の洗礼でしたからねえ。

P1010484.jpg P1010485.jpg朱鞠内湖PAは、遠くに湖が見えるだけで、木も多く景観はいまいちでした。
今日はほとんど移動だけなので、このままではイカン。
ホントは寄る予定は無かったけど、道道528で朱鞠内湖畔の方へ行ってみる。

P1010494.jpg
湖畔のキャンプ場は結構良さそうな雰囲気だったけど、肝心の景色の方は今一歩。湖畔に来る途中にあった、展望台の方に行ってみよう。

P1010501.jpg P1010496.jpg P1010499.jpg P1010502.jpg
展望台からは、雨竜第一ダムと湖が展望できます。ココからの眺めはまあまあかな。

朱鞠内湖を後にしてR239で士別方面へ。なんか、雨がぱらついてるんですけど・・・。でも、自分の上空には雲は無し・・・。レインスーツを着るべきか、どうするか。一応、上は防水だし、下は撥水なので、先に進めば雨は止むと信じてそのまま突き進む。
(士別の市街に近づく頃には、雨はあがった。)

士別市街を抜けて、道道61で岩尾内湖、紋別方面へ。道道61もなかなか走りごたえがありますね。ただ、道中に何にも無いので、いい加減つかれた。一人で走ってると、休憩が疎かになってしまうのは良くないですね。

そんなこんなで、道の駅「香りの里たきのうえ」にたどり着いて小休止。ここから、オホーツク海へは後少し。後少しって言っても20km以上あるんだけどさ・・・。

本日は、サロマ湖かもう少し先の網走湖でキャンプ予定。何となく、少しでも先に進みたいが、どっちにしようか悩む。とりあえず、サロマ湖へ行こう。着いた時間次第だな。

この辺で今回の計画(と言うほどのモノは立てていない)が、ちょっと無理があるような気がしてきた。都市間の距離感が掴めていなかっただけなんだけど。

サロマ湖では、幌岩山展望台に行ってみたいが、途中はダート。さっきまで雨が降っていたので、ぬかるんでいるのは必至。

どうしようか・・・・。

行ってしまえ(爆)

富武士のあたりからが、幌岩山展望台への入り口。ダートと言ってもフラットダートなので、路面がドライなら、ロードバイクでも問題ないでしょう。ただ、ワダチに沿って川ができてるような場合は・・・(残念ながら写真はなし)。

P1010506.jpg P1010509.jpg P1010512.jpg
と言うわけで、約4kmほどダートを走り、展望台まであがってきました。
ゆっくり走れば問題ないですね。登りより下りの方が心配だ・・・。
うん、バイクをドロドロにしながら上がってきたかいはあったかな。
欲を言えば、もう少し空気が澄んでいれば言うことは無かったんだけど。

下りは反対側から降りてみる。やっぱりダートだけど。こっちの方が若干曲がり具合は少ないかな? その分、坂が急な気はする。

さて、降りてきました。現在14:00位。と言うことで、もう少し先まで進むことに決定。R238をサロマ湖畔、能取湖沿いに網走方面へ進む。途中ホクレンで給油し、今回初の「旗」ゲット。
能取湖のサンゴ草は、道から眺めていても、赤いところがまばらだったので素通り。

P1010516.jpg P1010521.jpg
今日は網走湖畔の呼人浦キャンプ場でキャンプすることに。
夕日が感動的でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。