うま~?な日々
日々の雑多なことを中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005北海道ツーリング4日目
網走~知床~霧多布
P1010528.jpg P1010529.jpg
今日も天気は良さそう。思えば、キャンプではここが一番天気がまともだった。

二日ほど走って距離感が掴めてきたので、今後の予定が大体決まる。
今日は知床半島を抜けて、海沿いを南下、霧多布岬を目指します。

朝はやっぱりAM07:00ちょっと過ぎに出発。R244を知床半島方面へ向かいます。前方に知床半島の山々を見ながら走るのは、何とも言い難いです。ただ、前方の山の上には雲がかかっているので、この分だと知床峠は何にも見えないだろうな・・・。

斜里あたりで、大分寒さが我慢できなくなってきました。オシンコシンの滝へ寄るついでに、インナージャケットを着込みます。

P1010538.jpg
オシンコシンの滝

インナージャケットは持ってきてよかった。これ以降ずっと着ていました。
今日は、カムイワッカ方面へのバスの最終日なので、直前まで行くかどうするか悩んでたがこの気温で諦め。まあ、カムイワッカ行っていると、半日つぶれてしまうって言うのもあったのだが。せめて知床五湖だけでも行けば良かったかな?あそこまでは乗り入れ出来るみたいだし。

P1010541.jpg P1010542.jpg
で、知床峠ですが、霧でなんにも見えません。おまけに風も強くて寒いです。風でバイクが倒れそう・・・。

残念だけど、早々に退散します。

羅臼方面へ降りていくと、晴れている。orz
もう少し待っていれば、晴れたのかも・・・。道の駅「羅臼」に着く頃には、すごく良い天気。

しかし、どこに行ってもゴミ持ち帰りで、気軽に飲み物とかも買えないねえ。

R335を海沿いに根室方面へ。中標津から、R244へ逸れて開陽台へ向かいます。北十九号も通る。海沿いも良いけど、北海道らしい牧歌的な風景を見るならやっぱり、内陸部だなあと思う次第。

P1010546.jpg P1010552.jpg P1010549.jpg
開陽台はまさに360°のパノラマですね。キャンプ場(って閉鎖云々の噂がなかったっけ?)には、テントは2張りだけ。

開陽台を後にして、尾岱沼を目指します。

P1010570.jpg P1010575.jpg
一応、ドドワラが目的。ただ、駐車場から30分は歩く。運動不足がたたって、かなり疲れた。

さて、R244まで戻ってきて、とりあえず厚床を目指す。厚床から初田牛へ抜け、道道142で落石岬に。ココでも20分位歩く。

P1010584.jpg P1010587.jpg P1010589.jpg P1010590.jpg P1010596.jpg
遊歩道をひたすら歩いた先は、急に開け、ぽつんと灯台が。いやー、この雰囲気は何でしょうね。「何にも無い感」とでも言うんでしょうか。ちょっと歩くけど、行く価値はありますよ。

また20分程かけて、戻って、本日の最終地霧多布岬を目指します。

多布岬の根本のGSで給油するも、トラブル発生。エンジンが掛からない、っていうか、メインスイッチが入らない。とりあえず荷物を下ろして、ヒューズ類をチェック。GSの人が自動車整備の人を呼んでくれて、いろいろチェック。ヒューズ類は大丈夫そう。すると原因はなんだろう。ってどうやら、バッテリーの+端子側のボルトが緩んでいたようだ。

無事、メインスイッチも入るようになり、エンジンも掛かりました。
本当に助かりました。見ていないと思いますが、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。
多分、シート下にいろんなモノを入れていたせいで、それが走行中にバッテリー端子のボルトにあたって徐々に緩んでいったんだと思う。

そんなこんなで、遅くなってしまったのでキャンプ場に向かう前に、霧多布湿原へ行く予定は中止。直接キャンプ場に向かいます。
先客は3人ほど。買い出し行ったり、風呂に行ったりしているウチに、人数が増えていた。

夜中、雨音で目が覚める。また雨ですか orz
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。