うま~?な日々
日々の雑多なことを中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006北海道ツーリング6日目
霧多布~鶴居

イベントがほとんどなかった日なので、中身
も殆どないです。
やはり、世の中そう上手くは行かない。しっかりと雲り。
晴れていると、素晴らしい景色なのだがね。曇っているとなんてことはないのは、何処も一緒か。

今日は基本的に鶴居に移動するだけ。なので、写真は少ないです。

テントの撤収を終えて、連泊予定の人とだべってまったりと過ごす。
気が付くと10時だったりしたので、とりあえず出発。

連泊すればよかったかな?

道道123で厚岸方面へ。途中、霧多布湿原に寄る。

霧多布湿原 霧多布湿原■琵琶瀬展望台から霧多布湿原。

川沿いに民家が一杯あって、ちょっと興ざめしたのは秘密だ。天気さえ良ければ、まだ、という感じがしないでもないが、空は分厚い雲に覆われている。

引き続き、厚岸へ。R44をちょっと走り、尾幌から道道142に入ってみる。基本的には昨日通った北太平洋シーサイドラインと同じような道なのだが、こっちは殆ど展望が開けない。まあ、直線に飽きたらどうぞ、って道。

んで、釧路まで行って、お約束の和商市場で勝手丼とか食べてみる。最初入ったときに、その、かなり観光地化された雰囲気にそのまま退場してしまいそうになった。値段的にも、観光客相手の商売と感じた。

後は道道53でつるいキャンプ場に行く。

無料だし、徒歩圏内にAコープとか温泉(グリーンパークつるい)があるので便利。
ただねえ、サイトの中心部分は連泊者のコロニーができあがっていたので、かなり異様な雰囲気ではあった。周辺部分に張るのが吉でしょう。

このキャンプ場、21:00になると大音量のチャイムが鳴り響く。今回初めてだったのでちょっとびっくりした。一時期鳴らなくなっていたようなので、復活したということなのだろうか。
その後は、耳栓をしても飛び込んでくる下品な笑い声にちょっと辟易。
結局、AM1:00近くまで騒がしかった。(自分の記憶があるのがこの辺までなので、それ以降は知りませんが)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。