うま~?な日々
日々の雑多なことを中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユニフレーム AG-TRAIL2
ロングツーリングに行くときに持って行っている、ユニフレーム AG-TRAIL2のレビューみたいなモノを書いてみます。

最近R-134ばかりを使っていたせいで、ほぼ3ヶ月ぶりに使ったのだが・・・。

こんなに広かったっけ?(笑)

今使っているテントが「狭いよぉ~」とお嘆きの貴兄には、一回り小さいのを一度使ってみることをお奨めします(ぉ
収納について
IMG_1323.jpg IMG_1322.jpg
収納袋は割とゆったり目のサイズ。おおざっぱに畳んでも、楽に袋に入れられる反面、袋に入れただけだとかなりの大きさに感じるので「うげっ、畳むのに失敗したか? orz」と思うこと間違いなし(笑) 実際は、収納袋についているコンプレッションベルトで締め上げることができるので、カタログスペックの収納サイズ、44㎝×18㎝×18㎝は達成できます。できてると思う。

設営
それでは、実際に設営してみましょう(笑)
このテントはフライから設営したりと、設営方法にバリエーションがあるので、オーソドックスな一例ということで紹介します。

IMG_1320.jpg
今回設営する場所はこんな所です。
IMG_1324.jpg
まず、グランドシートを敷きます。最初からグランドシートが着いているので、ドカシーとか余計なモノを持ち歩かなくてもすむのが良いですね。
入り口は一カ所しかないので、この時点で入り口が決まってしまいます。写真でいうと、欠けている部分が入り口になるので、風向きとかを考えて敷きましょう。でも、風向きなんて一定ではないので実は適当ですw
風があるときは、風上の二カ所をペグ止めしておくと設営が楽です。
IMG_1325.jpg
グランドシートを敷いたら、次はインナーテントを広げましょう。右側が入り口になります。
IMG_1326.jpg IMG_1327.jpg
グロメット(ハトメ)部分が前後で色分けされているので、インナーテントを広げるときは色を合わせてあげれば、間違いが防げます。前が黄色、後ろが黒になっています。
IMG_1328.jpg
次はポールです。
IMG_1329.jpg
コレがこのテントの特徴のセンターハブです。ここの強度を心配される方がおられるようですが、全然問題ないです。(実際折れたのはココじゃないしw)
IMG_1330.jpg
ポールをグロメットに差し込んで立てます。ここもこのテントの特徴ですね。グランドシートさえあればポールが自立できるので、フライシートから先に設営、ということができるのです。
IMG_1331.jpg IMG_1332.jpg
ポールの先端も色分けされていて、グロメット部分と色を合わせてあげれば、ココも前後の間違いが防げます。
って言ってるけど、ポールの形見てれば間違えないよw
IMG_1334.jpg IMG_1335.jpg IMG_1336.jpg
ポールを立てたら、インナーテントを吊り下げます。フック式なので、パチン、パチンと嵌めていけば良いので簡単ですね。
インナーテント前頂部は一カ所フックがあって、ポールに引っかける形になります。
IMG_1337.jpg IMG_1338.jpg
インナーテントを吊り下げた状態です。入り口は1つだし、インナーテントのメッシュ部は、入り口と、後面下部に15cmくらいの帯状にあるだけなので、風通しは宜しくないです。
IMG_1339.jpg
次にフライシートを被せます。
IMG_1341.jpg
フライシートとポールはベルクロによる固定です。ベルクロでも外れることはまずないので、楽で良いですね。
IMG_1342.jpg IMG_1343.jpg
フライシートと、グランドシートまたはインナーテントとの接合はバックル式です。バックルを留める前にベルトを緩めておくと後の調節が楽です。
ここもきちんと色分けされています。
IMG_1344.jpg
バックルを留めた状態です。この後はペグダウンして、ベルトでフライシートの張りを調節します。

IMG_1345.jpg
そうそう、前室部分の+型になっているポールは、フライの裏に袋状になっている所に差し込みます。
ペグダウンとか、ベルトを調節する前に入れた方が入れ易いです。びっちり張った後だと、なかなか差し込めませんよ。

IMG_1347.jpg
前室の状態です。でかいってほどではないですが、十分な広さではないでしょうか?
インナーテントの内部には、メッシュポケットが二ヶ所。天井にはネットが付いてます。天頂部に小さいリングもあるのでネットを外せば、何かをつり下げることも可能です。

IMG_1348.jpg
設営完了です。(張り綱張ってないですが・・・)
ここまで写真を撮りながら、撮影用に丁寧に設営して約20分でした。

まとめ
設営、撤収、居住性、前室の広さ、軽量、コンパクトさ、全てにおいて「そこそこ」といった、優等生なんだか凡庸なんだかよく分からない評価を個人的にはしてしまうんですが、逆にこれと言った欠点もあまり見あたらないという言い方もできたり・・・。

なんだかんだ言って、気に入っているんでしょうw

新型「Kite」も発表されて、廃盤が噂されているAG-TRAIL2。
Kiteは微妙に大きくなっているみたい(未確認情報)なので、少しでもコンパクトなAG-TRAIL2を手に入れるなら今のうち?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。