うま~?な日々
日々の雑多なことを中心に。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006北海道ツーリング8日目
鶴居~静内
日程も残り少しとなってきた今日この頃、朝起きるとやっぱり曇り。そりゃ、一週間以上旅を続けていれば天気の良くない日もあるさね。
今日の目的は、黄金道路経由、襟裳岬。襟裳岬は周辺にそれ以外の観光スポットもなく、大きな町からは意外と距離があるのでなかなか行きづらい。来年以降の宿題としないためにも、是非行っておかなければ。

鶴居をでて、R38を延々と南下する。基本的に車の流れに乗ると決めているので、淡々と走る。意外と交通量が多いのね。
しばらくは海沿いを走るものの、天気のせいか寂しい雰囲気。流行も遅いし。

浦幌でR336に入ると、交通量も少なくなって快調なペースで進む。

黄金道路 黄金道路■黄金道路。

んで、特にイベントも発生せず黄金道路なのだが、正直、特に感慨もなかった。トンネルと覆道が多く、確かに金はかかっていそうな道ではあるのだが。まあ、晴れていれば別なんだろうけどね。海の色は鉛色だよ。風が強いととんでもないことになるらしいが、それほど風もなかったので助かったと言えば助かった。

襟裳岬 襟裳岬■襟裳岬

襟裳岬に向かう道道34の方が牧草地帯の中を走るので趣があるような。。。
襟裳岬では噂通り、森進一の「襟裳岬」が流れている。岬自体は、岩が沖合に向かって沈んでいく感じがなかなか面白い景観になっていると思った。
あとはやはり宿題事項にならないように、風の館にも入ってみる。入場料は\500なのだが中身はその価値はあるのかと問われると疑問だ。風速25m体験とかもあるが、メインはゼニガタアザラシの観察か?

アザラシ■デジカメの望遠で辛うじてアザラシが居るのが分かる。

百人浜でキャンプしようかと考えていたが、思ったよりも早く襟裳岬に着いたので、静内まで足を延ばすことに。
と言うことで今日の幕営地は静内温泉の森キャンプ場。無料です。

最初、場所が分からなくて静内市街まで行ってしまった。静内温泉の看板に従って曲がるのが正解。
間違えついでにセイコマで買い出しを済ませる。キャンプ最終日だし、自炊も面倒なので適当に食料を買い込む。

買い出しは市街まで行かないと行けないが、温泉は一応徒歩圏内。
連泊者とファミリー(ほとんどログハウス利用者みたいですが)が同居してちょっと変わった雰囲気ですが、静かで良いキャンプ場です。
テントサイトは区画分けされた砂地。乗り入れは不可なので一輪車で荷物を運ぶ必要有り。

となりのテンチョモノポールシェルター(!)の兄ちゃんとプチ宴会。本人はテントのつもりで買ったらしいが。
21時過ぎ、少し寒くなって来たのでお開きにして就寝。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。